知っておきたい債務整理と保証人

サラ金からの借金で身動きができなくなった人は、自己破産を裁判所に申し立てて、債務整理をする例が多くなっています。

債務整理を裁判所に依頼して免責の決定を受けると、債務者は借金を返さなくてもいいことが法的に認められているためです。

こんなとき、保証人は代わってサラ金から取り立てを受けることになります。
結局、保証人までが債務整理をして、自己破産の手続きを取らなければいけないケースがよく見られるようになりました。

くれぐれも保証人になるときには気をつけたいものです。

保証人とは、お金を借りた借り主が、それを返済しない場合、借り主に代わって貸し主に返済の義務を負う人のことです。

保証人には大きく分けて、「保証人」と「連帯保証人」の2種類があります。


単なる保証人には、貸し主が借り主に催促する前に保証人に返済を求めてきた場合は、まず借り主に対して請求しろと言える抗弁権と、借り主に返済可能な財産がある場合は、まず借り主から取り立ててくれと言える検索の抗弁権があります。

一方、連帯保証人には、単なる保証人のような権利は与えられていません。

したがって貸し主が、借り主に請求する前に請求されたり、連帯保証人の財産を差し押さえたりしたときでも、すぐに全額を支払う義務があるのです。


ですから、いい加減な気持ちで連帯保証人を引き受けてしまうと、後でとんでもない重荷を負わされることにもなりかねません。

逆に貸し主の立場から言えば、できるだけ連帯保証人を付けるほうが安全と言えるでしょう。