超音波によるねずみ退治の機器の仕組み

ねずみ退治には超音波を発する機器の設置が有効ですが、その理由としては人間には聞こえない音波の力を活用して、ねずみが嫌がる環境を作ることで追い出すことができるからです。ねずみを無理に殺すことや捕獲することもなく、追い出すことができる方法として注目されています。

ねずみには可聴音域が存在し、0.2~68kHzの目安でねずみ同士のコミュニケーションをとります。

そこで20kHz~50kHz内で、音圧を140dB~160dBの状態に持っていくことで、ねずみが住む上で不快な環境とすることができます。
現在の超音波タイプのねずみ退治機器の特徴は、電源コンセントの差し込みに差して置くだけで済むタイプのものが主流になっています。

信頼性の高い超音波でねずみ退治情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

そして、壁や柱などの硬い物でも反射させることで部屋中に行き渡らせることも可能です。
従来からの退治の方法としては、ねずみ捕獲器や殺鼠剤などの化学薬品などの使用がありますが、その欠点を補う方法となっています。
例えば、ねずみの死骸を残すことなかったり、捕獲器のメンテナンスをすることなし、退治を行なうことができるからです。

また人間や犬や猫などのペットに対しても聞けないため、生活にも支障を与える心配もありません。



なお欠点があるとしたら、音圧はねずみの距離が離れれば離れるほど薄れる点と硬い物に反射するため、屋根裏には効果が出にくい点です。

ジョルダンニュース!情報が手に入ります。

超音波によるねずみ退治を実現する上では、家や部屋の広さによりますが、専用の機器を沢山取り付ける必要もあります。